« サムライフィクションSamuraiFiktion('98 シネカノン) | Main | Weblog使用とスタンス »

ウェブログと情報操作

昨日の記事の中に日記を混ぜておいたところ、どうもフルカワがウツになったと思われたのか、各所からフォローのコメントとか頂戴しました。ありがとうございました…。って、そういう風に読めたのでしたら、私の書き方が悪かったということで申し訳なく思っています。で、補足的にこの話の続きを書こうと思います。もともとは別の記事でしたが、流れの関係として「続き」扱いの記事ということで。

 まずフルカワが紹介した「自作スタイルシートの適用」ということが、フルカワの発明でもなんでもないことを説明する必要があります。ウェブログツールシステム「MovableType」をいじっていた方はおわかりのように、「ココログ」の「サブタイトル欄」にあたる「description」部分を使って強引にスタイルシートを読み込む「技」は、周知のものであったかとフルカワは認識しています(「知られている」のと「使われている」のは別物かもしれませんが)。おそらくベースシステムである「TypePad」でも当然できるのではないかと思います。フルカワは単に「紹介」しただけ、という自己認識でおりますし、その意味ではべつだんたいしたことしてないなと思ってます(無責任かもしれない)。

 次に、フルカワはこの「詞織」上に文字で示されたほど、自由気ままに「歩いていってそのあとが道になった」わけでもありません。
 むしろフルカワは意図的に「砂利道を突貫工事で敷設しました」。あるいはこの点をご不快に思われた方もいらっしゃるかもしれませんので、この点をお詫びしておきたいと思います。
 というのも「自作スタイルシートの適用」を記事にしたあと、多方面の皆様からトラックバックを頂戴しました。それにもかかわらず、フルカワは「そのトラックバックのいくつかを意図的に削除」しました。「トラックバックを削除するなどモラルに反する!」と思われた方がいらっしゃるのであれば、その方にもあらかじめおわびしておきます。すいません。
 …はい、フルカワは「トラックバックの取捨選択によって明白な偏りをもつひとつのオピニオンを提示しようと」しました(その効果がいかほどあったかは、行った本人にもサッパリわかってませんが)。
 しかし、続々と増えたトラックバック先を見ながら私が望んだのは、「よくわからない人でもとりあえず”やってみて”」もらうことでありました。それからなら『そのことがいいのか悪いのか、良い点とまずい点はなにか』を考える機会がもてるのではないかな、と。「やってみよう!」と思ったときに、「でもそれって良いの?」という消極的なツッコミを「フルカワ自身のサイトから提示する」つもりはなかったのです。少しでもcssの知識をお持ちの方や、反対意見をまず考慮する方は「”やってみる”」前に自分で取捨選択をするわけで、その意味ではフルカワは「とりあえずやってみる」気になった人をターゲットとして「自作スタイルシートの適用」を書き、トラックバックも取捨選択したわけです。”やってみた”あとならば、「でもここがうまくいかない」「ここが不都合だ」と、専門知識をもたずともある程度判断ができるケースも多いです。その点について言えば、フルカワのレッドゾーンは「知らずに行うと明確な危険が生じることが認証されているケース」のみであった、ということになります。

 ですので、私は私と異なるスタンス・意見をお持ちの方のご意見を受けたとき、決して不快にもウツにもならなかったことは明言しておきたいと思います(まあそんなことに気をやむ方がいるとは思わないのですけど、いちおう)。
 私自身が明白にひとつの立場に立って発言をしましたし、その意味で私と私以外のすべてがイーブンであると信じます。私が何かしらの意見に不快感を感じるようなケースがあるとすれば、私自身がその情報なりサイトなりを「訪れなければ良い」わけで、情報収集の手綱を握っているのも「自分自身」でしかないと思っています。
 ですからインターネットで情報収集を行う方は特に…「その情報がいかなる意図の下に発信されているのか」「それに対するアンチテーゼは存在しないのか」「テーゼとアンチテーゼを止揚するジンテーゼを、自分はいかに構築するか」という点について、意識的であって欲しいな、とそう思います(すいません、最後の専門用語は意味もよく理解せずに用いたことを白状しておきます)。

 ただそれにもかかわらず、フルカワに温かい言葉をかけてくださった皆さんには感謝しております(フルカワは温かい言葉をかけていただくのがすきなのです^^;)。

 作成日付の3日ほど前に考えていたこの記事を公開する間に、別話題ではありますがこの記事の思考方法と根底を同じくすると思う記事を読みましたので、あわせてクリップしておきます。

 ウェブログとジャーナリズム(「神々の熱き日記」さん)

(2003.12.10追記)
 さらに、やはり別のテーマではありますが、フルカワが行った行動に対するもっともクリティカルなアンチテーゼについての記事を書かれている(と、フルカワが理解する)下記の記事もご参照ください。

 患者に不安を与える(「手の届く範囲だけでもなんとかしたい」さん)
(追記終わり)

  さて、現時点ではフルカワ自身はといえば、<link>タグをサイドバーのマイリストに入れるというやり方をしてます。<link>タグを<body>タグの内側に含めることは無論「不正規」なものですが、メリットとしては
・「RSS」へ不整合なサブタイトル情報を送らない(かもしれない)。
・JavaScript制御で生じる、「Mozilla/Netscape7」でのスタイルシート未反映を防ぐ
 という点が挙げられます。「できるだけ多くの人がサイトを”見れる”ようにデザインする」という、フルカワのスタンスにもとづくものです(と、フルカワは説明します)。

 さあ、あなたは何を信じますか?

|

« サムライフィクションSamuraiFiktion('98 シネカノン) | Main | Weblog使用とスタンス »