« ペリー・ローダンって(以下略)(3・完) | Main | 積極性とユーザー取り込み »

IE5.x系とココログ

 以前から話題になっていた「IE5.xでの表示の不具合」について、「insomnia days」さんからトラックバックをいただきました。

IE5.xとココログ(1)

 「なぜ右サイドバーが下にいってしまうのか」「なぜフォントが妙に大きいのか」といった現象の理由について、上記リンクで解説されていますのでご参照ください。参照示唆されている「娘娘飯店しるきぃうぇぶ」さんとともに、わかりやすい解説記事になっていると思います。

 さて「詞織」では、とりあえずIE6で動作確認をしていますが、ソースをいじることによって「IE5.x系のようにページを表示させることができる」ことがわかりましたので検証してみました。

20031225e.jpg

 左図がIE6での「見え方」、右図がIE5.x系での「見え方(推測)」です。5.x系のほうがサブタイトル・記事タイトル・本文のいずれも大きいことが確認できるかと思います。
 
 「詞織」ではこみいった内容を解説するというスタンスをもちませんので^^;、興味のある方はまず上記サイトで理屈と修正の仕方をチェックされたほうが良いかと思います。

 今回は、とりあえず「詞織」的手抜き修正方法を書いておこうと思います。

・大きすぎる本文のフォントは「small」のままにしておく
 自作スタイルを適用されているかたも、本文のフォントサイズはデフォルトの指定のままのほうが楽かと思います。5.x系では多少大きくなるものの、上図くらいの差異で収まるかと思います。

 →まっとうな修正方法:「IE5.xとココログ(3)文字サイズが大きくなりすぎる場合の対処法」(「insomnia days」さん)

・右サイドバーが下にふっとんでいってしまうのを避けるため、左サイドバー・本文・右サイドバーの合計の長さを心持ちデフォルトより短くする
 たとえば「詞織」で使っている「システム」の場合、左サイドバー・本文・右サイドバーの合計の長さは800pxと指定されています。「詞織では195・390・195と指定してあるので、スタイルが適用されている限りは右サイドバーが吹っ飛んでいないと思います。面倒な人は、スタイルシートの#left・#right・#centerのところにある数値200・400・200を195・390・195に代えてみましょう。とりあえずこれでなんとか。(超適当です)
 なお「どうもサイドバーの余白が気になるからpaddingを減らして文字数多くしちゃえ、えいえいっ」とやっちゃった人はもう少し正確に調整する必要があると思いますので、リンク先を見てがんばりましょー。

 →まっとうな修正説明:「IE5.xとココログ(2)本文やメニューが下の方に表示される場合の対処法」(「insomnia days」さん)

 「詞織」では記事タイトルを「normal」指定→「120%」指定に代えて、とりあえず良しとしております。

|

« ペリー・ローダンって(以下略)(3・完) | Main | 積極性とユーザー取り込み »