« Ping情報は必ずしも最新記事を | Main | CSS配布? »

デフォルト12:@nifty2

@nifty2はIE5.xで、デフォルト設定のままでは3段カラムのページを閲覧することができないスタイルです。
 手間をかけたくない人は選択肢からはずしましょう。

@nifty2の見え方
IE5.xだと右サイドバーの姿がはるか下方に…

 @nifty2は本文背景(#container)色が白色、本文が黒色、リンク色がオレンジとなっています。本文の視認性は良いです。リンク色とバナー部の強調色がシンプルにマッチしているのは良い印象です。
 本文記事が挿入されるスペース(#center)と左右のサイドバーのスペース(#left/#right)の長さはトータルで800、それぞれ200・400・200。ボーダーありのスタイルなので、デフォルトの状態では、IE5.xでサイドバーが吹き飛んでしまいます。
 行間は本文・サイドバーでそれぞれ150%( .content p制御)・150%( .sidebar li制御)。

 @nifty2の本文とサイドバーのフォント指定( .content p、および .sidebar li)は「'Trebuchet MS', Verdana, sans-serif」となっていますので、フォントの視認性は許容範囲内だと思われます。ただこの設定だと、バージョンの古いOperaでは非常に読みにくいフォントが適用されてしまうという問題があります。
 他の問題点としては、ページのヘッダ部分(#Banner)の縦幅を決定している要素が39pxと固定になっていますので、Mozillaなどのブラウザではタイトル・サブタイトルの下半分が隠れて見えなくなってしまう可能性があります。タイトルに画像を入れる際にはお気をつけください。

|

« Ping情報は必ずしも最新記事を | Main | CSS配布? »