« わかんない人向け(前説) | Main | ウェストファリア条約 »

個別記事ごとに設定できるTB/コメント

誰に?:ブラウザかRSSリーダーか」をエントリーしたら、呼んでもいない人たちからの「反論」がトラックバックされてきて、困惑しているフルカワです。議論することを否定はしませんが、議論の押し売りされるのはごめんだなあ。最初に「この記事は○○さんへ具体的に宛てたもので、議論を開始するためのものではありませんよ」と説明すればよかったのでせうか。それもなにやら、いい大人相手に失礼な気もするのですが。

 *まず上記記事にトラックバックされた方がたのそれぞれのご意見の論旨のキモについては、勉強になりましたし今後の判断材料としてフルカワの心の糧になりました。あらかじめお礼を申し上げておきます。
 ただ今回のケースのような場合、しばたにさんはともかくとして、私のところにトラックバックする必然性ってないんじゃないの?という気がします。少なくとも私はこの件に関して聞く耳もってないわけですし。

 「詞織」の記事は今のところ全記事オープンにコメントもTBも受け付けるようになっていますが、他者がトラックバックする価値の残っている記事だけでなく、すでに話題としても過去のものとなってしまった記事や、フルカワ個人の考え(しかもアンチテーゼを求めているんでもない、つぶやきみたいなもの)にさえ、あるときは「論理的だけど記事の主旨とはまったくずれた、我田引水な反対意見(しかも結論そのものは同じだったりする)」や、「フルカワの無知を糾弾しつつも建設的な意見を教えてくれない、単なる煽り」がときたまおとずれます。

 こーいうのって、やる気、下げますね。

 しょうがないので、以前のくまさんのご意見にしたがって「トラックバックおことわり記事」を導入することにしました。以前は否定しておきながら、結局先人の知恵になびく惰弱なフルカワでした。とはいえ「詞織」のログは現在、閲覧者の対象を絞っていない一般向け記事もあれば、絞りまくっている個人的メモみたいなものも混じるブログ、誤解を招かないためにはやむをえません。くまさんありがとう!

--------------------------------------------

 やり方は簡単です。
 記事を作成する時点で、記事エリアの下部の「コメント」「トラックバック」には、それぞれを受け付けるかどうかを選択することのできるチェックボックスなどが置かれています。「これは有益な情報だからトラックバックを受け付けよう」「これは私の単なるボヤキだからトラックバックはごめんだね」などと選択することができます。

 賞味期限の切れた過去記事は、トラックバックもコメントもクローズにしてしまって、掲示板で時たまそちら関連の話題をふたたび取り上げる…そんな使い方が「賢い使い方」みたいですね。そんなわけで「詞織」の記事の中には、トラックバックもコメントもできない記事があります。基本的に古い記事はどんどんクローズにしてゆきます。質問などは掲示板でも対応しますのでお気軽にどうぞ。楽しくココログしましょう!

なおこの記事はトラックバックもコメントもうけつけてません^^;

|

« わかんない人向け(前説) | Main | ウェストファリア条約 »