« デフォルト06:ライン | Main | 横浜ファンが信じるもの »

デフォルト07:ルージュ

ルージュはIE6/5.x双方で3段カラムのページを閲覧することのできるスタイル(その4)です。
 手間をかけたくない人にはオススメです。
ルージュ3段の見え方
修正を加えなくとも、IE5.xで3段組として閲覧できる
 
 ルージュは本文背景(#container)色が薄いピンク、本文が焦げ茶、リンク色が茶となっています。一言で特徴を言うと「エレガンスの色違い」ということになりますが、やはりピンクピンクしていて印象はかなり違います。背景が純白でないというのも高評価の理由です(真っ白な画面だと目に厳しいという方、多いですよね?もっとも、どピンクが目に優しいかどうかは別問題ですが…。)エレガンスの暗色系・ドドメ色系が好みでなければ、ルージュを選ぶ…そんな感じでも良いかなと思います。
 全体としてもルージュは視認性・サイズともに使用価値の高いスタイルとなっています。IE6だと多少行間が空き気味に見えますが視認性に影響を与えるほどではないと思います(本文150%)。逆に「裏エレガンス」として、エレガンスと同様サイドバーのマイリストのメモ欄に書き込んだ部分の行間はつまりぎみです( .sidebar li 100%)が、IE5.x込みで閲覧できるサイズという意味で、トータルしての評価は高いです。リンク色が多少目立ちにくいですが、アンダーライン付きということを考えて許容範囲内にも思えます。

 本文記事が挿入されるスペース(#center)と左右のサイドバーのスペース(#left/#right)の長さはトータルで800、それぞれ200・400・200。デフォルトの状態ではサイドバーが吹き飛ぶことはないと思います。

 ルージュの本文フォント指定( .content p)は「Verdana, Arial, sans-serif」となっています。デフォルトスタイルの中では少数派のこの組み合わせ、視認性は許容範囲内ですが「Trebuchet」系と同じく、Operaではまともなフォントで読めないという問題を抱えています。いや読めるけど。ルージュの場合、崩れ系フォントを狙うつもりで使うのかな(それにしてはIEではちゃんと見えるし…)。

 他の問題点としては、ページのヘッダ部分(#Banner)の縦幅を決定している要素が38pxと固定になっていますので、Mozillaなどのブラウザではタイトル・サブタイトルの下半分が隠れて見えなくなってしまう可能性があります。

|

« デフォルト06:ライン | Main | 横浜ファンが信じるもの »