« グリコのポッキーではなく | Main | MIKADO、その続き »

コメント書くときのメールアドレス

 ぴっくあっぷ。さんの「ぴっくあっぷのめも。」の昨日分に、関連性のある二つのサイトが並んでて面白く拝見したので、覚書きしておきます。

 「匿名コメントを許可に設定しよう」(「まいど、blog始めました」さん)
 「blogは閉鎖的か開放的か」(「...My cup of tea...」さん)

 どちらも話題はblogサイトにコメント入力するときに必要な「メールアドレスの入力」についてです。もちろん上記二つのサイトさんが対立する論旨を語っているというのではなく、「まいど、blog始めました」さんは(ココログ内のサイトとして)、「コメント入力するときにメールアドレスの入力を必須にしている設定だと書き込みにくい人もいるからやめました」という、ご自身の報告になっています。いっぽう「...My cup of tea...」さんのほうはコメントのつきやすい話題、つきにくい話題、というところからはじめて、「そもそもコメントを書き込むのにそんなに抵抗感を感じないひと(特に自身でblogサイトをやってるひと)と、そうでないひとがいるんじゃないだろうか」という印象を述べてらっしゃいます。

 ココログの話題に戻りますが、「詞織」でもコメント入力するさいにはメールアドレスの入力を「必須」に設定してます。この設定によってどれほどのコメントが「書き込まれ損ねている」かどうか、もちろん知るすべはありません。ですが私の記憶する限り、コメントを書き込む人は必須だろうがなんだろうが書き込むかなあ、という印象です。特に荒らし系のひと、自分のコメントが皮肉交じりになっていると自覚してるひと、あるいは悪意はないんだけどメールアドレスをさらすのが不安なひと。そういう人たちはきっちりと「ニセのメールアドレス」で書き込みます。abc@de.comとかですね。ココログの「メールアドレス入力必須」という設定は、せいぜいその程度のしばりしかないわけです。必須だろうがなんだろうが、いくらでもごまかせるし知っている人間は知ってる。

 私が面白いと思ったのはそのような「コメント書き込みを巡る攻防」みたいなところではなくて…「...My cup of tea...」さんの

ということは、普通は誰かの記事にコメントを残すなんて事はしない、ということではないだろうか? 自分の知り合いか、同じblogを持っているという共通点が初めてコメントを残しやすくしているだけで、コメントを残す方が特殊かもしれない。 blogを持っている人はコメントやトラックバックをもらうと嬉しいということが分かるので、残したりするということもあるかもしれない

 というくだりです。考えてみれば、私も日々インターネットのあちこちを覗いてますが、ついぞコメントをつけたことなんかない。ココログを含めたblogサイトにコメントをつけることはありえますけれど、冷静に言ってみてそちらのほうが特殊例ですね。そう考えてくると、結局のところ書き込みしやすいかどうかに関しては「メルアド入力を必須に設定するかどうか」がポイントではないのではないかなと。エントリーされた記事に対する反応を「閲覧者の側が持つかどうか」ではないかなと。そんなわけでメルアド入力必須に設定するかどうかってのも「サイト運営者の好みの問題」におさまるんじゃないかなと思ったりします。

 私自身の過去の行動を見ても、「ニセのメルアドを入力される」という体験そのものに対しての評価はしていないように思います。コメントの内容が「レスポンスできる(=会話が成立する)」ものである限りは、入力されたメールアドレスをチェックするという行動にまで進みません。むしろいただいたコメントの内容が意味不明だったり、単なる悪意にしか読めなかったり、…もっと「相手の情報を求めたい」ときにそのようなニセのメルアドで「情報がシャットアウトされている」と、困惑を感じたり不快に感じたり、相手の言説を素直に受け止めたくない感情を惹起されたりするのだなと思います。
 なので私自身は「メルアド入力必須」の設定のままのほうが長期的に見ると良いコミュニケーションが(自分の周囲では)できると思うし、自身が閲覧者としてコメントを入力するときも「コメントをつけた先の人が”関連情報を見れる”」ようになっていればいいなと、そのくらいに思っています。


 私自身の感想が「まいど、blog始めました」さんの論旨とは逆の方向に向いてしまいましたが、ご不快でしたらTB削除していただけるとさいわいです。各サイトさんのそれぞれのご判断に口をさしはさみたいという意図ではないとご理解いただければと思います。

|

« グリコのポッキーではなく | Main | MIKADO、その続き »