普通の掲示板つけました

 「コメントをどの記事につければいいかわからない!」というケースがけっこうあるということに、さっき気づきました。フルカワはどちらかというとトラックバックをあまりせずにコメントで済ますことが多いので、逆トラックバックしにくい人間であるという性質があるようです。
 そこで、普通に無料掲示板をレンタルしてきてコンテンツに含めました。「とりあえずどこに書けばいいのかわからない」コメントは、こちらに書き込んでもOKです。
 ただフルカワはものぐさ太郎ですので、ただのしかばねであるかのように反応がないときもあるかと思います。そのへんはご容赦ください。

 …というわけで、この場を使って。nariさん&pfruitさん、コメントありがとうございました^^;

|

ロボット

ニフティのホームページにあまり巡回ロボットが回ってこなかったためか、Yahoo!Japanなどの検索ロボットの存在をすっかり失念してました。
 そして「中世都市 ケルン」でたまたま検索をかけると、トップに出てくるサイトは「詞織」…

ありゃりゃ、です。

 このサイトは別に非公開にしたいわけでもなんでもないのですが、検索でトップに出てくるというのは「困ったもの」です。サイト作成者のフルカワではなく、サイト閲覧者のフルカワが、です。
 「詞織」の各歴史系コンテンツはノート記録という要素が強く、検索でヒットして飛んでくるような「ある程度完成されたコンテンツ」ではありません。少なくとも閲覧者(今回はフルカワ)が必要な情報はあんま入ってないし、その意味で検索に「むやみに」ひっかかるのは考え物だなと。
 とりあえずメタタグでロボットを拒否してみましたが、これはしょせん対症療法だから…どの程度まで効果があることやら。

 更新さぼってたおかげであまり影響のあるコンテンツはないんですが、Yahooからケルン史めあてで来られた方がいたら、まことにすみません。「まだ」たいしたコンテンツはないです。
Groten先生の下についてるんだから、ぼちぼちやっていかないとなあ、と思ってる程度の段階です。

|

日本語サイトの英語表記について

「Bigbirds Nest」や「静謐工房」にはアクセスカウンタがついてるんですが、フルカワはこのカウンタに「Welcome, (You're) xxxxxst visitor.Thanks.」と表記させていました。そしたらばツッコミが。「英語だと...stというのはfirstつまり1番目のこと。2以下はsecond, third,fourth...だから、その表記は変だ」と。
 
 なるほど。確かにそうです。でもあんま気にしてなかった(意味が通れば正確じゃなくてもOKという。性格があらわれますね)。
 そうなると日本語と違って、(英語に限らず)アルファベット表記で上のような表現をやるのは難しい。ちょっとだけ考えて、文章をまるまる消してしまいました。いらんし。

 といったささやかなことがあったのですが、日本語表記のサイトにおいていささかファッション的に扱われることの多い外国語表記(詞織も例に漏れずですが)。中学英語レベルの文章でも、なかなか日常で使うわけでもないですしけっこう間違うもの。
 そういった「サイト上における間違った外国語(英語)表記」について報告している下記のサイト、ちょっとおもしろいです。ご参考までに。


enja.pngJAPANESE ONLY 啓発同盟さん

|